制作の流れ

依頼を検討しているウェブ担当者の方へ

なにから手をつけていいか分からない方や、新任のウェブ担当者の方に向けて。

ご依頼前に知っていただきたいことをお伝えします。

ミカンワークスの制作に対する考え方

・不適切な価格競争はしません
・サイトの目的を明確にしましょう
・ウェブサイトは公開してからがスタートです
・戦略的なウェブ運用には、担当者様の本気度が問われます

制作の流れ

①問い合わせ
原則、問い合わせフォームよりご連絡をお願いしています。

問い合わせいただく際、
・サイト制作の目的は?
・現状感じている問題点は?
・競合や参考にしているサイトは?
・おおまかな費用感は?
などをお伝えください。
そのほか、ご要望やご質問もお問い合わせください。

問い合わせページはこちら

 

②見積もり・初期提案
問い合わせ内容や場合によってはヒアリングシートに記入いただいた上で
ウェブサイトの見積もりと初期提案を提出いたします。

③ご契約&ご発注
内容のすり合わせを行い、条件・費用面に合意が得られましたら、
注文書もしくは委託契約書の締結をもって作業を開始いたします。

④企画・情報設計
ウェブサイトの土台を構築するために情報設計を行います。
ワイヤーフレームや参考サイトを提示し、
デザイン着手前にサイト全体の大枠を定めます。

⑤制作・開発
確認がとれた土台をもとにデザイン・サイト構築作業に入ります。

⑥納品・検収・お支払
内容をご確認いただき、検収完了となりましたら請求書を発行します。
請求書発行の翌月末までにご入金をお願いしています。

⑦公開・運用
ウェブサイトは公開してからがスタートです。
定期的な更新・コンテンツの追加を行い、あなたのホームページを育てていきましょう。

⑧解析・改善
サイト作成時に分析ツール(GoogleAnlyticsなど)を導入し、
流入状況や検索キーワードなどを分析した結果によって、サイトのテコ入れをすすめます。
こういった運用サイクルは”PDCAを回す”ともいわれています。

Q&A(よくある質問)

Q:ウェブサイトの制作費用はどれぐらいかかりますか?
A:制作ページ数や仕様によって変動しますが、
・8〜10万程度でランディングページ
・10~30万程度で5ページ前後のホームページ(問い合わせフォーム付き)
・30万〜WordPressの導入や予約システム等が検討できるサイト

がおおよその料金目安になります。

画像素材・文言素材のご提供有無によっても料金は変動します。

Q:格安ウェブサイト制作会社と何が違うの?
A:格安や激安を売りにしている会社は「公開すれば終わり」という考えが多く、
SEO対策まで行き届いていなかったり、保守管理費用という名目で月々高額な請求がかかるケースもあります。

ミカンワークスのウェブサイト制作では、運用後のイメージをあらかじめお客様にお伺いすることで、
公開後の”育成”を見据えたホームページ制作を行っています。

PAGE TOP