活版印刷

独特の手触りに通常印刷では出せない墨溜まり。

シンプルなデザイン性でも上品な名刺や印象的なショップカードを制作したい場合、オススメしたいのが活版印刷です。

ミカンワークスでは、名刺サイズ〜ポストカードサイズ等の活版印刷の代行を承っています。

 

QRコードを活版印刷で読み取りたい

活版印刷でQRコードを印刷したい場合、大抵の印刷会社では読み取れなくとも自己責任になります。
当所へご依頼いただいた場合も基本は自己責任でお願いしていますが、これまで活版印刷の名刺印刷でQRコードの読み取りが100%OKであった実績があります。

入稿前にQRコードのサイズ感などを確認した上で、QRコードの活版印刷にも対応しています。

 

活版印刷にオススメの用紙

活版印刷に適した用紙とはどんなものがあるのでしょうか。一般的には「ある程度厚みをもった紙」であることが望ましいとされます。こちらは「ボード紙(ねずみ色の厚紙)」を使った活版印刷制作例です。

活版印刷は圧をかけて印刷面を凹ませ、立体的に見せる印刷手法です。

圧をかけながらインクを流し込む印刷手法をとるので、各文字の墨に味わいのある「インク溜まり(墨溜まり)」が生まれるのが特徴です。

また、こちらはクッション紙でオレンジのインクを使って印刷した活版印刷の制作例です。
両面を活版印刷(一色)で仕上げています。

クッション紙は肌触りのよいコットンベースの弾力のある厚みが特徴で活版印刷の良さを十二分に発揮してくれる紙になります。(オススメ!)

 

名刺の素材や厚み、特に「手触り」にはとてもこだわりがあります。

会社員時代、名刺交換をたくさんしてきましたが、名刺の薄さは本当に一発で交換した瞬間にわかります。
「あ、薄いな」と。

またベンチャー企業に勤めていた頃は会社で使っていた名刺を刷新する際、レイアウトを自分たちで考える機会があったのですが、その時に参考にするのは「今まで交換してきた中で印象がよかった名刺」です。
紙媒体を専門に行う事務所ではないので、試行錯誤を重ねていましたが
3回目の発注(2箇所の印刷会社を利用して)で、
ようやく納得いくもの(長く使いたいなと思えるもの)が出来上がりました。

ランダムでピックアップした名刺のQRコード読み取りを行いましたが、バッチリ読み取りできたことを確認しています。

灰色のボール紙(新居浜びず用の名刺)とは違って柔らかいので圧で滲んでしまうか? と不安もありましたが杞憂で終わりました。

 

活版印刷に使用するインクもベーシックな黒色に限らず、オレンジやピンク・蛍光色などもあります。
詳しくはお問い合わせください。

クッションは柔らかい紙質ですが、インク滲みも少なく、色がしっかりと紙に浸透するイメージです。

イラストや文字には適しますが、写真や細かい多色使いの絵を印字すると少し色が沈んでしまう恐れがありそうだなという印象です。試していないのでなんとも言えませんが。。。

 

【当所は印刷所を有さない企画事務所です】

全国各地の「実際に自分が客として費用を支払い、注文してみて品質がよかった印刷所」のみを選択しています。

また、データ入稿に修正が発生した場合も、当方提携デザイナーと連携し入稿業務を行いますので簡単に印刷することが可能です。

活版印刷の代行制作・注文はMikan Worksまでお問い合わせください。

 

PAGE TOP