Googleカレンダーの通知を早くする方法

Googleカレンダーのリマインダー機能はとても便利。
なのですが、10分前に通知が来て「遅いわ!」と思うことはありませんか?

Googleカレンダーに予定を登録した時、事前に通知がくるリマインダー機能のデフォルトの通知時間は10分前。

予定時間の10分前といえば訪問予定先のすぐ近く、もしくは到着しているくらいの時間帯なケースが多いのではないでしょうか。

Googleカレンダーに登録した予定が10分前に来る通知が遅く感じていたので、変更することにしました。

本記事では、Googleカレンダーの通知を早くする方法について紹介します。

【AD】

通知される時間はアプリから変更できる

ざっくりとした手順は以下の通りです。

  • アプリを開く
  • 左上の三本ライン(ハンバーガーメニュー)を押す
  • 歯車アイコンの設定を押す
  • 予定を押す(or通知タイミングを変更したい任意のカレンダー)
  • ベルのアイコンの横にある10分前を押す
  • お好みの通知タイミングを選ぶ
  • 完了

設定ボタンのあと、変更したいカレンダーの名前をタップ

ポイントは歯車アイコンの設定マークを選んだあと、変更したいカレンダーの名前をタップすること(私はここが気づかなかった)。

複数のカレンダーを設定している人は、それぞれ設定画面からカレンダーの名前をタップして通知タイミングを変更する必要があります。

逆に通知を切りたい人はこのベルの画面で「なし」を設定すれば通知が来ることはありません。

私は30分前に変更しましたが、だいたい市内の打合せが多いので30分前といえば出発直前の時。
しばらくこれで様子を見て、これでも「遅いわ!」となるようであれば、通知時間を1時間前に変更する予定です。

関連記事

  1. Stoneライティングサムネイル

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP