WordPressでアップロード済み画像の元データのサイズ変更と圧縮を自動で行うプラグイン「Imsanity」

WordPressで特にサイズ変更や画像圧縮などを行わずに上げてしまった

アップロード済み画像の元データのサイズ変更と圧縮を自動で行うプラグイン「Imsanity」はとっても便利です。

実際に使ってみて、捜査が簡単&日本語で分かりやすかったので紹介します。

 

【AD】

画像のリサイズ・圧縮が【Imsanity】の機能

WordPressプラグイン「Imsanity」の基本的な機能とできることは大きく分けて、

 

  • アップロード済みの画像データのリサイズ
  • アップロード済みの画像データの画像品質変更(圧縮)

の2つです。

 

すでにメディアにアップしてしまっている画像データのサイズを変更したいと思っても、

1個ずつiphoneでパシャパシャ撮っていた画像をそのままwordpressのメディアにUPすると

 

  • 基本サイズ…4032×3024
  • スクエア…3024×3024

 

になります。

 

WEBサイトで表示させるにはかなり大きすぎるサイズ。

ただ、アップロードする度に画像をリサイズするのが面倒くさかったので

いつもそのままUPしている運用方法でした。

【AD】

 

■画像リサイズと圧縮の手順

WordPressプラグイン「Imsanity」の作業はとっても簡単。

 

  • サイズや画質を事前に設定
  • 画像を検索
  • 選択した画像のサイズを変更する

 

の手順で完了。

あとは自動でリサイズと圧縮を行ってくれます。

 

・設定できる内容

WordPressプラグイン「Imsanity」は以下の項目で画像のサイズや画質を設定できます。

 

固定ページ / 投稿でアップロードされた画像:固定ページやシングルページの投稿に挿入する画像サイズを設定

メディアライブラリへ直接アップロードされた画像:アップロードする画像のサイズを設定

その他の方法でアップロードされた画像(テーマヘッダー、背景、ロゴなど):テーマや背景などで使う画像サイズを設定

JPG 画像品質:画像ファイルのクオリティを設定。値を下げるとファイルサイズは圧縮されるが、画質は荒くなる

BMP 形式を JPG 形式へ変換する:サイズの大きいBMP形式のファイルを自動的にJPG形式へ変更するかを設定

PNG 形式を JPG 形式へ変換する:PNG形式のファイルをJPG形式へ自動で変換するかを設定

 

  • 画像を検索

ボタンを押すだけ。

 

  • 選択した画像のサイズを変更する

ボタンを押すだけ。

最大で1度に250データのリサイズを行います。

 

私が運営している新居浜市の地域情報サイト「新居浜びず」では

データリサイズ作業時、約1,000近い大量の画像データがありました。

 

何度か、「画像を検索」→「選択した画像のサイズを変更する」の作業を繰り返すことで、無事リサイズ完了。

 

2回目の「選択した画像のサイズを変更する」〜の作業中、

リサイズ画像が元のサイズより大きかった」エラーが出ていましたが、スルーして大丈夫そうでした。

 

3回目に行う時は、設定画面から「設定>Imsanity」を再び選び作業を行うと今度はエラーが出ませんでした。

エラーが出まくって気になる人はおためしあれ。

 

対策としては、2回目以降のリサイズ作業は「設定>Imsanity」から行っていくのをお勧めします。

だいたいの作業時間は、約30分から1時間くらいかかりました。

 

参考にさせてもらった記事

http://www.momosiri.info/wppi/wordpress-plugin-imsanity/

こちらの記事では、設定内容等が英語だったようですが、

私がインストールしたバージョンでは特に何もせずとも日本語対応がなされていました。ありがとう。

関連記事

  1. ペーパーラボ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP