SNSの更新内容のネタにこまった時に使える3つのアプローチ方法【Facebook,Instagram,Twitter】

こんにちは、柳川です。
FacebookやTwitter,Instagramの更新に悩んでいるWEB担当者向けに3種類の投稿ネタを紹介します。
毎日更新しようと思うとすぐにネタが尽きて悩んでしまいますよね…

そこで当所がよく行っている投稿ネタの紹介をしたいと思います。
日々定期的な更新があなたのお店やブランド・サービスの価値を高めます。
ぜひお試しください。

【AD】

商品やサービス内容の紹介

もっともポピュラーですが、貴社が売り出したいサービスや商品を紹介する投稿はSNS運用の鉄板ネタです。
企業やお店の公式アカウントを使って運用を始めた理由の多くはお客さまの経済行動を促すため、つまりは来店や商品の購入してもらう目的があるのが大半。

各SNSのユーザー層の特性を配慮しつつ投稿内容を精査していくと反応(エンゲージメント率などと言われます)がよくなりますので、毎日投稿している時は、同じ商品でもアプローチを変えてみてください。
商品の特徴で投稿したことがあれば、内容成分、パッケージデザイン、時には屋外や景色を商品と組み合わせて見せ方を変えてみるのも面白いかもしれません。

社員、スタッフの紹介

これも、作っているor提供している側の人を登場させることで、人の手によってサービスや商品が生まれている親近感をアピールすることができます。中には表舞台になかなかでないレアな方を紹介することで、貴重な内容、他社との差別化をアピールすることができますよ。人は秘密や他には知られていない非公開の情報や場所、ネタに強く興味を惹かれるので。

開発エピソードの紹介

先の商品、スタッフの紹介に絡んで、ステージの裏側、開発秘話などを投稿に組み込むのも面白い内容に仕上がります。
苦労したこと、完成した瞬間のできごと、生じたトラブルなどを紹介することで、商品やサービスの背景を深く知ることができます。商品にバックボーンや深みが生まれることでよりファンとなってくれる方の関心が高まるだけでなく、あなたのサービスに対して親しみを持ってくれることでしょう。

SNSの更新代行、承ります

いかがでしょうか?

愛媛県新居浜市のWEB制作スタジオ、ミカンワークスではお客さまに変わってブログやSNSの更新作業を承っています。

商品の開発業務等で忙しくて自分の内容を作れる時間がない!!という方は、ぜひ当所の更新代行サービスをお試しください。

更新代行サービスの詳細はこちら

関連記事

  1. 心に刺さるキャッチコピー

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP